新刊のお知らせ

「心を添えてこそ美しい 日本のしきたり」
1300円(税別)

初詣、お七夜、初宮参り、七五三、
結婚、雛祭り、お盆、お通夜・・

◆お七夜とは?
◆七五三が出来るのは、年二回だけ それはなぜか?
◆初宮参り お姑さんが抱いていく理由は?

» 続きを読む

| | コメント (0)

2013年10月 9日 (水)

藤原大士の一日一言
1568話「即する効用」と「後回しのツケ」

今、しなくてもいいや、
もう少し後でもいいや

などと、物事を先延ばしにすることが、
習慣になっている、
ということはないだろうか。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2013年10月 8日 (火)

藤原大士の一日一言
1567話 加速と始動の違い

走り出した車を、
より加速することはたやすくても、

新しい事をはじめて、それを軌道に乗せる為には、
「始動」の大きなエネルギーが必要だ。

だから新しい事を同時に幾つもはじめると、
結局そのどれもが出来ない・・
ということになりかねない。

一つ軌道に乗せてから、次を行う。
その方が、結局どれもが
滑らかに進むのではなかろうか。

今日も、どうぞ良い一日を!


◆ブログ 
「心を添えてこそ美しい 日本のしきたりと生き方」

本日 第1話 二十四節気 寒露
http://yomigaere.seesaa.net/

よろしければ、こちらもどうぞ!

| | コメント (0)

2013年9月 3日 (火)

藤原大士の一日一言
1565話 無理な、約束はしない

人は誰でも相手の気持ちを逃さないようにと、
少しでも早い時間や期日を設定しがちである。

そのため時間や期日に間に合わせようと、
ついつい自分の気持ちや社員に
無理を強いることになりがちだ。

早いに越したことはないが、
そのために仕事が粗雑になってはならない。

むしろ、余裕を持った日時を設定し、
期日よりも早く納めるように
してみてはどうだろうか。

今日も、どうぞ良い一日を!

| | コメント (0)

2013年9月 2日 (月)

藤原大士の一日一言
1564話 約束の時間や期日は守れ

デートのような個人的なことにしろ、
仕事上の期日にしろ、一旦約束したことは、
完全に履行することが必要である。

この約束事が守れない場合は、
それだけで、相手方に迷惑を掛けることになるし、
世間からも、信用を失うことになる。

場合によっては、相手の蒙る迷惑は、
計り知れないものとなる。

今日も、どうぞ良い一日を!

| | コメント (0)

2013年8月29日 (木)

藤原大士の一日一言
1563話 百聞は一見に如かず

「百聞は一見に如かず」と言われる。
直接目で見るにこしたことはない。
目で見ることだから、読書も入るだろう。
そう言えば、「読書百遍意おのずから通ず」とも言う。

どんなに難しい書物でも、繰り返して読めば、
自然に内容が理解できるという意味だ。
しかし、一見も体験に如かずだ。
体験の積み重ねこそ、人生の宝である。

今日も、どうぞ良い一日を!

| | コメント (0)

2013年8月26日 (月)

藤原大士の一日一言
1562話 一日一日の積み重ねが大切

人は、余程信念を持って目標を定め、
それを実行するための
手段方法まで決めていても、
三日坊主になりがちである。

「一年の計は元旦にあり」
などと気負って計画を立てても、
すぐに挫折しがちである。

だから、気負うことなく、
日々に出来ることを
気長にする積りで頑張ればよいのだ。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2013年8月19日 (月)

藤原大士の一日一言
1561話 任せることと、依存すること

「人に、任せること」と、
「人に、依存すること」は、異なる。

人に任せるのは、必要な指示を出し、
そして責任は、自分が取ると言うこと。

人に依存するのは、指示も曖昧なまま、
ただ相手にぶら下がり、

当然自分が、責任を持つことまで、
人にかぶせてしまうことだ。

仕事は、人に任せられないと
大きくなれないが、

依存し、逃げていると、
自分自身が少しも大きくなれない。

今日も、どうぞ良い一日を!

| | コメント (0)

2013年8月12日 (月)

藤原大士の一日一言
1560話「自分だけが、大変だ」と思っている人

「自分だけが、大変なんだ」
「苦労しているのだ」と、
常にその思いと言葉をまき散らしている人は、
まわりから、どう見られているだろうか。

「本当に大変ですね」
「大丈夫ですか」
「何かお手伝いしましょうか」

と言ってくれる人もいるかもしれないが、
普通は、敬遠される。
大変なのは、その人だけではないからだ。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2013年8月10日 (土)

藤原大士の一日一言 1559話 お盆に伝えてあげたいこと

もうすぐ、八月のお盆。
こうした機会に、お子さんやお孫さんに、
亡くなったおじいちゃん、おばあちゃんなどの
思い出を聞かせてあげてはいかがだろうか。

その時に、写真などを一緒に見せてあげると、
より鮮明に記憶に残るはず。

生きているときのことを知らない相手でも、
幼いときに旅立ち、
どこか身近に感じられない相手でも、

語り伝えることで、家の歴史が繋がっていく・・
そんな時期でも、ありはしないだろうか。

今日も、どうぞ良い一日を!

| | コメント (0)

«藤原大士の一日一言
1558話 人生の指針となる人とのつきあいは?