« 必ず朝は来る | トップページ | 皆と同じことをする? »

2006年10月11日 (水)

『北朝鮮の核実験』に思う

 北朝鮮が、国連や各国の制止を振り切って、核実験を強行したという報道がなされた。政策の善悪のコメントは、専門家の方にお任せするにしても、一般に報道されている事柄から、考えられることを一部述べてみたい。

 国際的な駆け引きの舞台では、何かというと「経済制裁」という言葉が出る。そして「言葉にならない威嚇は、核兵器である」ことは、誰もが認めているのではないだろうか。

北朝鮮が、世界中の非難を覚悟の上で、核実験を行うということは、「もし自分の国が滅ぼされるのであれば、自分たちだけでは済まさない。外国も巻きこんでやるぞ」という、威嚇と取れなくもない。

こうした中で、経済制裁をするということは、いかがなものであろうか。

 北朝鮮は、「軍事に相当の力を注いでおり、その反面それ以外の国力は大変に苦しい状態にある」と言われる。 それを外国からの経済制裁という形で、外圧を加えることは、ますます北朝鮮を孤立させ、かえって危険な存在に追い込むことになりはしないか。

 それで相手が折れ、交渉の席に出てくる可能性もなくはないが、最悪の場合は、「窮鼠猫をかむ」という可能性が、皆無ではないのだ。本当に危険な状況となった時、最も先に被害を受けるのは、アメリカではない。中国でもない。この日本である可能性が一番高いことを、政治家はどう受け止めるのか。

 では、経済制裁以外には、どんな方法があるだろうか。

孟子は、「民を貴しと為す。社稷(しゃしょく=国家)これに次、君を軽しと為す」と言っている。国民が困窮しているから、援助を願い出る為政者ならばともかく、自分の権力誇示の為に、核の軍備拡張に走る者は、もはや本当の王者になる資格はないのである。

まして争い事の世界は修羅界のことであり、これを相手にしていると、日本の品格まで修羅の世界におちてしまうことになる。

よって「そのまま何もしないで放置しておく」ということも、一つの手のように思う。なぜかと言うと、北朝鮮という国の経済は、そのようなことをしなくても破綻寸前だからである。外国からは、何も力を加えない、挑発は無視する。そして援助もしない。

外国から、経済制裁を受けたという口実を与えない方が、軍事の道へひたすら突き進む危険を少しでも回避出来るはずであり、また援助もしないほうが、かえって北朝鮮の中の膿を出す早道かもしれない。北朝鮮にも、当然、「復活の道を進みたい」と願う人はいるはずであり、そのほうが本当の親切なのかもしれない。

本当に苦しんでいるのは、どこの国でも一番弱いと言われる人たちである。国際的な駆け引きは当然にしても、そうした陰で苦しむ人たちを、少しでも早く救っていかれる道をつけていくことも、本当は日本人の役目ではないかと思う。

|

« 必ず朝は来る | トップページ | 皆と同じことをする? »

政治」カテゴリの記事