« 表・裏・横からの判断 | トップページ | 告知の是非  »

2007年3月29日 (木)

情けは美しいが、判断を誤る

人は判断するときに、何を基準にしているのだろうか。

「情実人事」という言葉があるが、「情」を優先した判断は、誤ることが多い。なぜかというと、「世話になったから」「かわいそうだから」「恩義があるから」と言うのは、人として当然日常には持つべき心の温かさではあるが、大事な物事を決定するときの判断の基準ではないからだ。

日本人は、どちらかというと物事を見るときに、「情」がどうしても優先しがちである。

選挙での投票も、「あの人のお父さんに世話になったから」とか、「何々だから」ということで、本当は政治家としてつまなければならない資質や実際の実力もない二代目を、いともあっさりと当選させてしまうことなどがいい例ではないだろうか。

安倍内閣の組閣にしても、自分を総理に応援してくれた人を閣僚にした。そこに次々と閣僚の資質を問われる問題が噴出したのだ。功績に対する恩情は別個にすべきで、これから国家を運営して行こうという閣僚ポストを割り振るなどは、もっての外である。公私混同もはなはだしいと言わざるを得ない。

国政担当者として相応しいかどうかで、見るべきである。出来得れば、国家百年の大計を立て得るような、強力な閣僚人事を選出すべきである。「美しい日本」という標語そのものは悪くないが、「情けは美しいが、判断を誤る」という表題のように、判断を誤る国家になってもらっては困るのである。

やはりそこには、強さと、言うべきことは言える自主、独立の本当の国家であって欲しい。外国の言いなりになるような、属国のような国家運営は、もうたくさんである。

こうしたことは、企業も同じである。情実で、人事を決めてはならない。人に対する情けは大切であるが、それはむしろ日常において暖かく接すればいいことで、組織としての人事に使用すべきではない。人事はあくまでその人の能力に応じて適材適所に鳴るようにすべきであり、会社にとって有益となる人事に徹するべきである。

何か会社に貢献するものがあれば、その点を見てあげればいいのだ。決してポストを与えてはならないのだ。

 全社員共に、普段には愛情を込めて接する。情けがなければ人はついてこない。しかし判断の際に情けに流されてはならないのだ。ここのところを、銘記して欲しいのである。

|

« 表・裏・横からの判断 | トップページ | 告知の是非  »