« 藤原大士の一日一言 
115話 若さと感動
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
117話 経営者の資格  »

2009年5月31日 (日)

藤原大士の一日一言 
116話 わきを、緩める 

「脇が甘い」とは、一言で言えば「油断がある」ということで、あまりいい意味ではない。大相撲などでは、よく注意される言葉だ。

脇を甘くしないためにも、簡単に出来る健康法をご紹介したい。脇の下には、以外に老廃物などが溜まっているものだ。

脇の下を大きくギューっと握って、ゆっくりと一・二・三と数え、ぱっと離す。また握って、一・二・三、これを何度か繰り返すと、凝りや張りがすっきりとする。ゆっくり大きくもむと、更に効果は抜群で、血液の流れもよくなる。

☆ただし、握ってわきの下にグリグリがあるような人は、続けずにお医者さんに診てもらってください。

|

« 藤原大士の一日一言 
115話 若さと感動
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
117話 経営者の資格  »

健康」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 藤原大士の一日一言 
115話 若さと感動
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
117話 経営者の資格  »