« 藤原大士の一日一言 
121話 風当たりを恐れるな 
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
123話 窮屈な人生は、ほどほどに »

2009年6月 6日 (土)

藤原大士の一日一言 
122話 盗人の風上にも置けない?

時代劇に出てくる泥棒には、

「殺さず、犯さず、貧しきからは奪わず」という盗人の掟があったとか・・

それから見るとお年寄りの老後の蓄えを 根こそぎ奪うような振り込め詐欺は、盗人の風上にも置けないということか。

「人をだましてなぜ悪い。騙される方が悪いのだ」とうそぶく犯罪者たちは、もはや人の心や魂を失っているのだろう。

キャッシュコーナーで「ストップ」と止める水際作戦も大切だが 幼い頃から、人として行ってはならないこと、行うべきことをはっきりと身につけさせていくことが、根本的な解決として、忘れてはならない。

|

« 藤原大士の一日一言 
121話 風当たりを恐れるな 
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
123話 窮屈な人生は、ほどほどに »

心と体」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

時事問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 藤原大士の一日一言 
121話 風当たりを恐れるな 
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
123話 窮屈な人生は、ほどほどに »