« 藤原大士の一日一言 
123話 窮屈な人生は、ほどほどに
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
125話 計画を実現させるために »

2009年6月 8日 (月)

藤原大士の一日一言 
124話 仕事に頭を下げる 

不祥事を起こして、記者会見などでわびている姿を見ると、その心のこもらなさに、かえって不快になることが多い。

わびる時は、目の前の記者たちにではなく、自分の仕事とその責任に対して、頭を下げるのだ。

日常業務においても、時には相手方から、罵詈雑言を浴びせられることがある。

その時も、目の前のその人に対してではなく、自分の仕事に対して、徹底して頭を下げる心で判断すると、わびるにせよ、開き直るにせよ、正しい行動が出来る。

|

« 藤原大士の一日一言 
123話 窮屈な人生は、ほどほどに
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
125話 計画を実現させるために »

政治」カテゴリの記事

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 藤原大士の一日一言 
123話 窮屈な人生は、ほどほどに
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
125話 計画を実現させるために »