« 藤原大士の一日一言 
128話 人生沸騰点に達する喜びを
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
130話 開かずの間を作るな »

2009年6月13日 (土)

藤原大士の一日一言 
129話 自分の足で人生を

山登りの時は、どんなに相手のことを思っても、身体一つ、人を背負って登ることは出来ない。

だから苦しくても、自分の足で登るしかない。

ゆっくりでも、一歩ずつ。

疲れた時には、一時休憩してもまた前に進もう。

本当は、倦まず弛まず登るのが、山登りのコツだとか。

今年は、近くの山などに挑戦してみては?

日頃の運動不足を後悔しつつ、しかし都会では得られない爽快感

ストレス解消です。

|

« 藤原大士の一日一言 
128話 人生沸騰点に達する喜びを
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
130話 開かずの間を作るな »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 藤原大士の一日一言 
128話 人生沸騰点に達する喜びを
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
130話 開かずの間を作るな »