« 藤原大士の一日一言 
137話  ありがたさの真髄
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
139話 末端まで血液を »

2009年6月22日 (月)

藤原大士の一日一言 
138話 平凡の中の非凡

平凡であることを嫌う人がいる。

しかし、人の土台、物事の土台は、一見平凡に見える中にこそある。

それを昨日より今日、今日より明日と、創意工夫をもって続けていく間に、盤石の基盤となり、時には、最も平凡に見えるものの中に、非凡の極みが存在することになる。

非凡という奇をてらうことなど、さらさらない。

|

« 藤原大士の一日一言 
137話  ありがたさの真髄
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
139話 末端まで血液を »

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 藤原大士の一日一言 
137話  ありがたさの真髄
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
139話 末端まで血液を »