« 藤原大士の一日一言 
140話  企業は、生命体 
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
142話  岡目八目(おかめはちもく)  »

2009年6月25日 (木)

藤原大士の一日一言 
141話  心の大掃除

毎日の暮らしの中には、掃除をしても掃除をしても、知らず知らずに溜まってしまう汚れがある。

大掃除は、一年に一度ではなく、一年の半分が過ぎた六月に一度しておくと、効果は大である。

ちなみに神道では、「水無月の大祓」と言い、一年で一番大きな『身・心・霊』の祓いがある。

    *神社によっては、茅の輪(ちのわ)と言って 丸い茅(かや)で作った輪っかがあります。

 そこを右回り左回りにくぐると、厄を祓えると言われています。

 しかし、自分でまず心の掃除をすることが先ですね。

|

« 藤原大士の一日一言 
140話  企業は、生命体 
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
142話  岡目八目(おかめはちもく)  »

神道」カテゴリの記事

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 藤原大士の一日一言 
140話  企業は、生命体 
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
142話  岡目八目(おかめはちもく)  »