« 藤原大士の一日一言 
159話 次世代を読むヒント 
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
161話 経営者の覚悟と視野 »

2009年7月14日 (火)

藤原大士の一日一言 
160話 長期的に繁栄する企業を目指して

新たな事業は、次々に世の中に出てきている。

そのどれが長期的に繁栄する会社として 生き残れるのだろうか。

まずは、世の中に現れてきた芽(事業、人物など)を見つめるところから始めるとよい。

しかし、はじめは長期的に繁栄する企業を見分けるよりも 一年草のような事業の方が目を引くはずだ。

今までにも世間から注目されて、時代の花形のように話題になりながら ぱーっと咲いてあっという間になくなるものがあった。

なぜそれが一年草のように、「あっ」という間に消え去ったのか、経営者、事業のあり方、時代との関わりなどで 見つめてみてはいかがだろう。

|

« 藤原大士の一日一言 
159話 次世代を読むヒント 
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
161話 経営者の覚悟と視野 »

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 藤原大士の一日一言 
159話 次世代を読むヒント 
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
161話 経営者の覚悟と視野 »