« 藤原大士の一日一言 
164話  呼吸の大事さ
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
166話 臍下丹田に気を入れよう »

2009年7月19日 (日)

藤原大士の一日一言 
165話 気持ちのコントロール

人は、追い詰められたり、苦しくなると、呼吸が早く、浅くなる。

気持ちの落ち着かない時、びくびくする時、それを鎮められるコントロールができたら、どんなにいいだろうとは思わないだろうか。

自分は気が弱い、気が小さい、上がり性だ。

そうした時には、ゆったりと深い呼吸をするのがよい。

気を落ち着かせたいと思うときには 「吸う」のに比べて、2倍以上長く「吐く」。びくびくも、ドキドキも一緒に吐き出されていく。

|

« 藤原大士の一日一言 
164話  呼吸の大事さ
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
166話 臍下丹田に気を入れよう »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 藤原大士の一日一言 
164話  呼吸の大事さ
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
166話 臍下丹田に気を入れよう »