« 藤原大士の一日一言 
176話 不平分子は、がん細胞
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
178話 電波時計の妙  »

2009年7月31日 (金)

藤原大士の一日一言 
177話 社長と鏡  

社長のやり方が、全て正しいとは限らない。

だが自らの姿は、自らでは見ることが出来ない。

だから、たまには自らの姿を、鏡に映し出してみる必要がある。

笑顔だけでなく、その時の自分の健康状態まで写してくれる。

それだけではない、よーく見つめれば、おのが心の奥底まで写し出してくれるのだ。そこで全社を見つめ、新しい企画に取り組むとよい。

*** 経営とは、直接関係ないようですが、
  これも大事なことなので、お知らせを・・

あす8月1日の蘇れ日本人の会 藤原の講演です。
  
テーマは、「家族の絆を取り戻す」

 ・結婚と同時に、子供は他人?
 ・人生の晩年の孤独 そして寝たきり 痴呆
 ・子育て放棄は、なぜ起きる?

何が原因なのか?
私は、意外なところに原因があると思う。

日本は元々「縦社会」が、伝統。
親から子、子から孫へ、引き継がれるのは当然のことなのに「親子は、他人の始まり」のような現状

経営の土台も、ある面では家庭にある。
関心のある方は、どなたでもどうぞ。

定例講演会 毎月開催(小田原)。眼前に相模湾が広がります。
  次回は、81()です。
    http://www.soseinippon.jp/teireikouen/


|

« 藤原大士の一日一言 
176話 不平分子は、がん細胞
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
178話 電波時計の妙  »

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 藤原大士の一日一言 
176話 不平分子は、がん細胞
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
178話 電波時計の妙  »