« 藤原大士の一日一言 
177話 社長と鏡  
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
179話 オヤジの背中   »

2009年8月 1日 (土)

藤原大士の一日一言 
178話 電波時計の妙 

普通の時計は、ほんのわずかずつでも、早くなったり、遅くなったりと時間がずれていく。

しかし電波時計は、一日のある一定の時刻に、正確な時間に調整してくれるため、

ずれが大きくならず、正確な時刻だ。

人も同じように、気がつかない間に、毎日少しずつでも、ずれを生じているかもしれない。

心のずれ、健康のずれ、人生のずれ、それを調整するのには、毎朝の朝日を浴びることだ。

毎日すれば、わずかのずれですむ。

ただ歩きながらなどではなく、気合いを入れて良く浴びることだ。

|

« 藤原大士の一日一言 
177話 社長と鏡  
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
179話 オヤジの背中   »

人生」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 藤原大士の一日一言 
177話 社長と鏡  
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
179話 オヤジの背中   »