« 藤原大士の一日一言 
181話 読書の量、読書の質 
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
183話 金銭では、購えない価値 »

2009年8月 5日 (水)

藤原大士の一日一言 
182話 インターネットと書物 

今、簡単に情報を得ようとしたら、手軽さ、早さ、便利さでインターネットに勝るものはない。

しかし「情報を得る」だけではなく「学びたい時」には、その人が書いた書物を読む事をオススメしたい。

本はそれを書いた人の考え方が、要約されている事が多い。

そして人間の脳は、光に微妙に反応する。文字の背後からパソコンの光を受けながらでは、知識や表面的な受け取りは出来ても、魂にずしんと来るものは得られない。

じっくり考えたり、深く学ぶ為には書物がよい。

|

« 藤原大士の一日一言 
181話 読書の量、読書の質 
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
183話 金銭では、購えない価値 »

教育」カテゴリの記事

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 藤原大士の一日一言 
181話 読書の量、読書の質 
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
183話 金銭では、購えない価値 »