« 藤原大士の一日一言 
183話 金銭では、購えない価値
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
185話 心の通い合いとお盆休み »

2009年8月 7日 (金)

藤原大士の一日一言 
184話 これからの時代に必要な人材

今までの採用、そして昇任の際には、一流の大学卒の肩書きがものを言ったが、これからも同じ基準でよいのだろうか。

一概には言えないが、一流大学を出た人は、少なくとも人よりも多くの知識を「覚えた」人・・の可能性が高い。

しかし、今の時代そうしたことならコンピューターの方が、よほど優秀なのだ。

それよりも機械には、決して出来ないこと たとえば考える力を持った人が、必要とされるのではないだろうか。

しかしそれを見分けることは、今までの人事マニュアルにはないことだ。

***これも「経験のない事への挑戦」かもしれない。  しかしその目を養えさえしたら、今の時代に合う企業発展の力を持つ社員を獲得できるチャンスでもある。

まだこうしたことが、社会的に価値を持っていないからだ。

まずはそういう気持ちになって見てはいかがだろうか。

|

« 藤原大士の一日一言 
183話 金銭では、購えない価値
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
185話 心の通い合いとお盆休み »

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 藤原大士の一日一言 
183話 金銭では、購えない価値
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
185話 心の通い合いとお盆休み »