« 藤原大士の一日一言 
204話 力を何倍にも生かす
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
206話 方向転換  »

2009年8月28日 (金)

藤原大士の一日一言 
205話 到達までの時を読む

旅人が、畑で作業している人に、「鎌倉まで、どのくらいかかりますか」と、尋ねた。

相手の人は、何も答えてくれない。仕方なく歩き出したとたんに相手は答えた。

「あんたの足なら、夕刻までには着くだろう」と。

つい何キロあるかという距離ばかりに目がいくが、どのくらいの速度で進むかで、到着は変わる。

人は常にあとどのくらいで、達成できるか、叶うかと問いがちだが、自分の歩む速度次第だと言うことを忘れてはならない。

|

« 藤原大士の一日一言 
204話 力を何倍にも生かす
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
206話 方向転換  »

人生」カテゴリの記事

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 藤原大士の一日一言 
204話 力を何倍にも生かす
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
206話 方向転換  »