« 藤原大士の一日一言 
212話 暗闇にあかりを灯す 
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
214話 おさい銭の意味 »

2009年9月 5日 (土)

藤原大士の一日一言 
213話 願いと祈りの違い 

一般に「祈願」と言い、どちらも神様へのお願い事だと思っている人が多い。

しかし「願い」と「祈り」は異なる。

願いは、自分が中心にあって、まさに神様へのお願い事だ。

祈願のほとんどは、願い事である。

しかし、祈りは天の意が中心にくる。「今の世の中に対して、自分は何をしたらいいのだろうか」と問う心が大切なのだ。

そして天の意志に乗り、経営、行動することである。「祈り」は、この天の意志に乗る「意乗り」であり、神の意に乗った祈りの経営こそが望まれる。

天の意に乗らない開発が、様々な病気や環境破壊を生み、現在の社会を作ったのだ。

|

« 藤原大士の一日一言 
212話 暗闇にあかりを灯す 
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
214話 おさい銭の意味 »

神道」カテゴリの記事

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/46123529

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言 
213話 願いと祈りの違い 
:

» 『意乗り』と『特定疾病定期保険』 [朝6時開店の保険マニア「りんろうしゃ」が本気で広める         『会社を発展させる社長の保険』の選び方]
 ((○(^▽^)○))  時間ですよぉ~ 朝6時 開店 の保険屋 「りんろうしゃ」です 本日も元気に業務開始です 社長の胆力を鍛える『大志塾』 第四回オープンセミナー 10月17日(土)に開催予定です。 http://group.ameba.jp/thread/detail/nW9OypWWuS61/pPfRUG... [続きを読む]

受信: 2009年9月 8日 (火) 22時25分

« 藤原大士の一日一言 
212話 暗闇にあかりを灯す 
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
214話 おさい銭の意味 »