« 藤原大士の一日一言 
213話 願いと祈りの違い 
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
215話 漠然とした願いは、やめよう  »

2009年9月 6日 (日)

藤原大士の一日一言 
214話 おさい銭の意味

おさい銭は、神様の前に立つ前に、自らの「迷い」や「雑念」を祓って、心さわやかに神前に立つ為のものだ。

したがって、お願いをするためのものではない。

それを「これでお願い! ほらー」と、乞食に投げ与えるように小銭を投げつけて、願いが叶うと思うほうがおかしいのではなかろうか。

|

« 藤原大士の一日一言 
213話 願いと祈りの違い 
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
215話 漠然とした願いは、やめよう  »

神道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/46142897

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言 
214話 おさい銭の意味
:

» 『もしものコーナー』と『あ~やってしまったぁ~』 [朝6時開店の保険マニア「りんろうしゃ」が本気で広める         『会社を発展させる社長の保険』の選び方]
 ((○(^▽^)○))  時間ですよぉ~ 朝6時 開店 の保険屋 「りんろうしゃ」です 本日も元気に業務開始です 社長の胆力を鍛える『大志塾』 第四回オープンセミナー 10月17日(土)に開催予定です。 http://group.ameba.jp/thread/detail/nW9OypWWuS61/pPfRUG... [続きを読む]

受信: 2009年9月 7日 (月) 17時38分

« 藤原大士の一日一言 
213話 願いと祈りの違い 
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
215話 漠然とした願いは、やめよう  »