« 藤原大士の一日一言 
215話 漠然とした願いは、やめよう 
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
217話 大過なく?  »

2009年9月 8日 (火)

藤原大士の一日一言 
216話 常識と限界の枠を外そう

人は、皆、開運を願いながら、自らの運勢を、自らの思いと言葉で、閉ざしてしまうことが少なくない。

「それは無理だ」「出来っこない」

それは自分で考えている以上に、「常識」と「限界」という枠に縛られているからだ。

しかしそう思ったときには、絶対にそこから抜け出すことは出来ない。

物事を願うときには、「でっかい夢を持て」というようにいったん常識と限界と思う心の枠を外して、自由な発想をしてみよう。

|

« 藤原大士の一日一言 
215話 漠然とした願いは、やめよう 
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
217話 大過なく?  »

人生」カテゴリの記事

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/46151849

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言 
216話 常識と限界の枠を外そう
:

» 『自然の流れを後押しする』と『感情と形容』 [朝6時開店の保険マニア「りんろうしゃ」が本気で広める         『会社を発展させる社長の保険』の選び方]
 ((○(^▽^)○))  時間ですよぉ~ って本日もメンテナンスでしたぁ~ (_) 朝6時 開店 の保険屋 「りんろうしゃ」です 本日も元気に業務開始です 社長の胆力を鍛える『大志塾』 第四回オープンセミナー 10月17日(土)に開催予定です。... [続きを読む]

受信: 2009年9月 8日 (火) 14時51分

« 藤原大士の一日一言 
215話 漠然とした願いは、やめよう 
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
217話 大過なく?  »