« 藤原大士の一日一言 
229話 建物を建て替えるときの注意
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
231話 積み重ねの大事さ »

2009年9月22日 (火)

藤原大士の一日一言 
230話 最後の詰めを怠らずに 

稲の実るころは、不思議と台風の季節でもある。せっかく八十八の手をかけて育てても、収穫の時になって、根こそぎ倒されてしまうこともある。

仕事も、これで完成したと思ったときこそ、そこから最後の詰めをする心構えが大事だ。

「これで安心だ」と気を抜くのではなく、「九十九里をもって百里の半分と思え」と言われるように、最後の詰めを怠らぬようにしよう。

|

« 藤原大士の一日一言 
229話 建物を建て替えるときの注意
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
231話 積み重ねの大事さ »

人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/46273690

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言 
230話 最後の詰めを怠らずに 
:

« 藤原大士の一日一言 
229話 建物を建て替えるときの注意
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
231話 積み重ねの大事さ »