« 藤原大士の一日一言 
258話 経営の根底に、必要な心
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
260話 熟睡こそ  »

2009年10月24日 (土)

藤原大士の一日一言 
259話 日本人の感性 

「桐一葉 散って天下の 秋を知る」 

日本人の感性の良さである。

また、「一事が万事」とも言う。

一つのことですべての事を推し量れる素晴らしさも持っているのだ。

また「以心伝心」と言って、言葉で言わなくても、互いの心のうちが通じ合えたのだ。あれこれ言わずとも、社長の思いが社員全体に通じているだろうか。

古のような素晴らしい日本人に蘇りたいものである。

|

« 藤原大士の一日一言 
258話 経営の根底に、必要な心
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
260話 熟睡こそ  »

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/46566354

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言 
259話 日本人の感性 
:

» 『以心伝心』と『不思議な業界・保険業界』 [朝6時開店の保険マニア「りんろうしゃ」が本気で広める         『会社を発展させる社長の保険』の選び方]
 ((○(^▽^)○))  時間ですよぉ~ 朝6時 開店 の保険屋 「りんろうしゃ」です 本日も元気に業務開始です ■社長の胆力を鍛える『大志塾』からお知らせです。 ①第五回オープンセミナー 12月12日(土)に開催予定です。  http://group.ameba.jp/thread/de... [続きを読む]

受信: 2009年10月24日 (土) 16時22分

« 藤原大士の一日一言 
258話 経営の根底に、必要な心
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
260話 熟睡こそ  »