« 藤原大士の一日一言 
273話 紅葉狩り 
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
275話 自分よりも優秀な人を »

2009年11月 8日 (日)

藤原大士の一日一言 
274話 自分で立ち上がる 

子供の頃、転んだ時どうしていただろうか。

地面にひっくり返ったまま泣き叫んでいる子。

両手をついて、お尻からでも自分で立ち上がる子。

それぞれの過程を経ながら、大人になった。

今、転んだ時、人生に躓いた時、行き詰まった時、どうされているだろうか。

誰かが、起こしてくれるのを待って、しゃがみ込んではいないだろうか。

誰かに「起こして貰おう」と待っていても、「誰も、何もしてくれない」ということになる。

人は、自ら立ち上がろうとしている人にこそ、手を貸したり、力を貸してくれるのではなかろうか。

自分で立ち上がるしかない。

|

« 藤原大士の一日一言 
273話 紅葉狩り 
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
275話 自分よりも優秀な人を »

人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/46701406

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言 
274話 自分で立ち上がる 
:

» 『格好悪いくらいの直向さ』と『体の奥の方から聞こえてくる声』 [朝6時開店の保険マニア「りんろうしゃ」が本気で広める         『会社を発展させる社長の保険』の選び方]
 ((○(^▽^)○))  時間ですよぉ~ 朝6時 開店 の保険屋 「りんろうしゃ」です 本日も元気に業務開始です ■社長の胆力を鍛える『大志塾』からお知らせです。 ①第五回オープンセミナー 12月12日(土)に開催予定です。  http://group.ameba.jp/thread/de... [続きを読む]

受信: 2009年11月 9日 (月) 11時34分

« 藤原大士の一日一言 
273話 紅葉狩り 
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
275話 自分よりも優秀な人を »