« 藤原大士の一日一言 
286話 慎独がなぜ大切か?
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
288話 最高の胃腸薬 »

2009年11月21日 (土)

藤原大士の一日一言 
287話 大自然の懐

東北の八甲田に酸ヶ湯温泉というところがある。

雄大な自然に抱かれた中の一軒宿で、千人風呂と言われるヒバ造りの大きな湯船と

混浴で有名な所だ。

湯船で、のびのびと手足を伸ばすと、山の神気がそのままに入ってくる気がする。

人、一人は小さいが、伸ばした手足が、そのまま雄大な自然と一体となれる心地がする。

    混浴といっても、女性専用タイムもあり、また他にも、男女別の浴室もあるので女性の方もご安心を。

しかし、気にならないくらい、大らかな気分になれるかもしれない。

|

« 藤原大士の一日一言 
286話 慎独がなぜ大切か?
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
288話 最高の胃腸薬 »

人生」カテゴリの記事

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/46815228

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言 
287話 大自然の懐
:

« 藤原大士の一日一言 
286話 慎独がなぜ大切か?
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
288話 最高の胃腸薬 »