« 藤原大士の一日一言 
305話 責任者の真価 
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
307話 強く、したたかに  »

2009年12月10日 (木)

藤原大士の一日一言 
306話 心の汚れを残さないために

「トイレの掃除をすると、よい」という話は、いろいろなところで聞くと思う。

しかし何故良いのだろうか。

トイレは、人の身体で不要になった物を出すところ。

出さないと具合が悪くなる。出すとすっきりする。

それは心に溜まる汚れも同じ事だ。

怒りや不満がでない人はいない。

それを自分の中に抱え込まないためには、トイレの掃除が一番なのだ。

ただ掃除をするのではなく、

「心や魂の汚れを磨く」と思ってしたときに、

長年の心の弱さなどが、消し飛んだ人もいる。

|

« 藤原大士の一日一言 
305話 責任者の真価 
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
307話 強く、したたかに  »

人生」カテゴリの記事

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/46982903

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言 
306話 心の汚れを残さないために
:

« 藤原大士の一日一言 
305話 責任者の真価 
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
307話 強く、したたかに  »