« 藤原大士の一日一言 
306話 心の汚れを残さないために
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
308話 現状打破 »

2009年12月11日 (金)

藤原大士の一日一言 
307話 強く、したたかに 

人は順調な時には、頼まなくても寄ってくるが、いったん不遇になると、潮が引くように周りからいなくなる。

時には「あんなに面倒を見たのに」と思う人から、糾弾を浴びせられたり、仕事を横取りされたりする。

辛いが、人の真実の姿が浮き彫りになる時でもある。

だから乗り越えた時、挫折をしたことのない人と比べ、強く、したたかな力を身につけることが出来る。

「転んでも、ただでは起きない」

仮にこうした状態になっても、何かを掴み、必ず立ち上がろうではないか。

|

« 藤原大士の一日一言 
306話 心の汚れを残さないために
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
308話 現状打破 »

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/46990332

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言 
307話 強く、したたかに 
:

» 『底』と『国産!?』 [朝6時開店の保険マニア「りんろうしゃ」が本気で広める        『会社を発展させる社長の保険』の選び方]
 ((○(^▽^)○))  時間ですよぉ~ 朝6時 開店 の保険屋 「りんろうしゃ」です 本日も元気にがんばりましょう!! ◆大志塾グルっぽからのお知らせ◆ ********************************************************** ■社長の胆力を鍛える『大志塾』か... [続きを読む]

受信: 2009年12月11日 (金) 21時46分

« 藤原大士の一日一言 
306話 心の汚れを残さないために
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
308話 現状打破 »