« 藤原大士の一日一言 
314話 準備と辛抱で時を得る
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
316話 鏡と向き合う »

2009年12月19日 (土)

藤原大士の一日一言 
315話 本霊と分霊

神様は、どこにおられると思われるだろうか?

「神様は、天の高いところにおられる」と言う人と、

「神様は、自分の中に宿っておられる」と言う人がいる。

どちらも半分正しく、しかし全てではない。

天の高いところにいらっしゃるご本体としての神様と、

人が誕生する時に「分け御霊」として分け入れてくれている神様。

各人の中には、神様の魂が「分身」として宿っておられるのだ。

だから自分を粗末にしたり、自ら命を絶ったりすることは、絶対にしてはならないのだ。

|

« 藤原大士の一日一言 
314話 準備と辛抱で時を得る
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
316話 鏡と向き合う »

神道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/47056490

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言 
315話 本霊と分霊
:

« 藤原大士の一日一言 
314話 準備と辛抱で時を得る
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
316話 鏡と向き合う »