« 藤原大士の一日一言 
328話 一富士、二鷹・・
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
330話 社長の年頭の挨拶の大切さ »

2010年1月 2日 (土)

藤原大士の一日一言 
329話 澄んだ空気の中で

お正月は、普段よりも富士山がくっきりと美しく見える。

工場やいろいろな作業が休止して、その分空気が澄んでいるからか。

空気が澄むと、見通しが良くなる。

心の中で、もやもや、いらいらとしていると写らないものも、心を澄まして見つめると、同じようにくっきりと見渡せるのではなかろうか。

    今日から、箱根駅伝。

二日間、テレビで、あるいは事務所から応援三昧だ。

事務所は、1号線沿線、四区にあり、中大の旗まで預かって立てている。

果たして結果は?

|

« 藤原大士の一日一言 
328話 一富士、二鷹・・
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
330話 社長の年頭の挨拶の大切さ »

人生」カテゴリの記事

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/47182076

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言 
329話 澄んだ空気の中で
:

« 藤原大士の一日一言 
328話 一富士、二鷹・・
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
330話 社長の年頭の挨拶の大切さ »