« 藤原大士の一日一言 
343話 合えば通ずる宇宙の力
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
345話 息は、「自ら」の「心」を現わす  »

2010年1月17日 (日)

藤原大士の一日一言 
344話 今日は、阪神淡路大震災のあった日

今日は、十五年前に阪神淡路大震災があった日だ。

心よりご冥福をお祈りしたい。

今、またハイチの大震災でたくさんの犠牲者が出ている。

大震災で、一瞬にして足下から全てが崩れ、人生の全てを失った人もたくさんおられる。

それは寿命半ばにして、自らの意志とは異なり、不本意に命を絶たれた・・ことではないか。

足下の大地が安定しているありがたみを、人はつい忘れ、愚痴や不満が日常の中心になりがちである。

生かされているというありがたみを、改めて謙虚に受け止め、たとえ苦しくとも、自分の都合で「死んでしまいたい」などという言葉は、厳に慎んでもらいたい。

そして何年経とうとも、犠牲となられた方々への、冥福を祈る心も忘れずにいたいものだ。

|

« 藤原大士の一日一言 
343話 合えば通ずる宇宙の力
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
345話 息は、「自ら」の「心」を現わす  »

ニュース」カテゴリの記事

人生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/47313662

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言 
344話 今日は、阪神淡路大震災のあった日
:

« 藤原大士の一日一言 
343話 合えば通ずる宇宙の力
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
345話 息は、「自ら」の「心」を現わす  »