« 藤原大士の一日一言 
348話 割り算の法則
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
350話 殿様と御前様 »

2010年1月22日 (金)

藤原大士の一日一言 
349話 縁を大切に

人と人の出会いは、自分の意志で作り出せるものよりも、

目に見えない縁によるものが多い。

親子の縁、夫婦の縁、兄弟の縁、

しかしそれを除けば、共に仕事をする縁は格別のものだ。

とかく身近にいると、長所よりも短所が目に付く。

しかし短所ばかり見ていると、相手を拒絶するだけでなく、

自らの世界も閉ざしてしまう可能性がある。

なるべくは縁ある人の長所を伸ばして、

自分にとって、かけがえのない力となす努力をすべきではなかろうか。

|

« 藤原大士の一日一言 
348話 割り算の法則
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
350話 殿様と御前様 »

人生」カテゴリの記事

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/47356149

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言 
349話 縁を大切に
:

» 転職の面接で「あなたの短所は何ですか」と聞かれたら何と答えればよいか [愛と苦悩の日記]
■転職の面接で「あなたの短所は何ですか」と聞かれたら何と答えればよいか、最近転職を考えている職場の同僚(正社員ではなくて派遣社員なのでここに書いても問題ない)から質問をうけた。そこで次のように答えた。(1)まず自分の長所をならべる(2)そのうち「〜すぎる」という言葉を付け加えておかしくないものをピックアップする(3)それを自分の短所として答える。例えば「論理的にきっちりと考えること」が自分の長所だ...... [続きを読む]

受信: 2010年1月22日 (金) 08時48分

« 藤原大士の一日一言 
348話 割り算の法則
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
350話 殿様と御前様 »