« 藤原大士の一日一言 
357話 胸襟を開く
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
359話 日の出の勢い »

2010年1月31日 (日)

藤原大士の一日一言 
358話 月が変わるとき、日が変わるとき

今日で、一月が終わる。

一般にも、晦日は多忙だが、今日は日曜だ。

今月の初めには、「いい年になりますように」

と願ったはずだが、このひと月は、どうであっただろうか。

私のふるさとでは「一月はいぬる(帰る)、二月は逃げる、三月は去る」と言われていたが、気がついたら、「あっ」という間に過ぎていた・・

日が集まり、月になり、月が集まり、年になる。

一日、一日を大事に積み重ねると共に、ひと月、ひと月も大事に積み上げていこう。

それが今年一年、いい年になるかどうかの分かれ目ではないだろうか。

    私は、ひと月終わる毎に、「今月もありがとうございました。新たな月もどうぞよろしくお願い致します。」と、ご挨拶をしている。

|

« 藤原大士の一日一言 
357話 胸襟を開く
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
359話 日の出の勢い »

人生」カテゴリの記事

神道」カテゴリの記事

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/47436522

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言 
358話 月が変わるとき、日が変わるとき
:

« 藤原大士の一日一言 
357話 胸襟を開く
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
359話 日の出の勢い »