« 藤原大士の一日一言 
377話「いつかやろう」は?
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
379話「地図」と「実行」 »

2010年2月17日 (水)

藤原大士の一日一言 
378話 「苦言」を呈してくれる人

本当にその人のことを思うと、時には「耳痛いこと」を、言わなければならないことがある。

自分の耳に心地よいことは、聞きやすいが、耳痛いことは、なかなか聞く耳を持たないのが現状だ。

ただ「注意された」とだけ受け止め、その真意を受け取ろうとしないのではなかろうか。

耳を塞ぎ、心を閉じることで、大きく自分を育ててくれる機会を、逃してはいないだろうか。

真意が通じないとき、悲しいのは 言われた当人ではなく、苦言を呈してくれた人の方なのだ。

|

« 藤原大士の一日一言 
377話「いつかやろう」は?
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
379話「地図」と「実行」 »

人生」カテゴリの記事

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/47588267

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言 
378話 「苦言」を呈してくれる人
:

« 藤原大士の一日一言 
377話「いつかやろう」は?
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
379話「地図」と「実行」 »