« 藤原大士の一日一言 
383話 部下を大切に
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
385話 社員は、歯車か、手足か »

2010年2月23日 (火)

藤原大士の一日一言 
384話 沸騰点を目指せ

「ぬるま湯につかる」と言うが、何となく過ごせる日常に満足していては、大きな目標を達成することは出来ない。

沸騰点に達するほどの加熱と、気迫が必要だ。

水が、ぬるま湯になり、やがて沸騰する、すると水蒸気に変わって、新たな力が生まれる。

ヤカンの蓋を押し上げたり、蒸気機関車のように大きな物体を動かしたり出来る。

人生には何度か、沸騰点に達するほどに、自分を燃やしてみる必要がある。

それまでの自分では動かせなかったことを、動かす力を得られる。

◆ 今は、お湯を沸かすのも、瞬間湯沸かし器や、 電気ポットがほとんどだ。

ヤカンと言われてもピンとこないだろうか?

|

« 藤原大士の一日一言 
383話 部下を大切に
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
385話 社員は、歯車か、手足か »

人生」カテゴリの記事

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/47640882

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言 
384話 沸騰点を目指せ
:

« 藤原大士の一日一言 
383話 部下を大切に
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
385話 社員は、歯車か、手足か »