« 藤原大士の一日一言 
387話 核となる言葉
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
389話 季節の変化、身体の変化 »

2010年2月27日 (土)

藤原大士の一日一言 
388話 足先からの健康

狭い靴の中に、足を押し込んでいると、きゅーくつ(靴)だ。

まして合わない靴を無理して履いていると、姿勢が崩れたり、健康にまで影響する。

時には靴を脱いだ後、風呂上がりにでも、指を一本ずつ、ゆっくり引っ張ったり、ぐるぐる回したり、かるく振って、足先をほぐしてみよう。

指先が喜び、背中がピンと伸び、全身に良い影響が及ぶ。

|

« 藤原大士の一日一言 
387話 核となる言葉
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
389話 季節の変化、身体の変化 »

健康」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/47673110

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言 
388話 足先からの健康
:

« 藤原大士の一日一言 
387話 核となる言葉
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
389話 季節の変化、身体の変化 »