« 藤原大士の一日一言 
398話 そのまま景気は持ち直すのか
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
400話 日本人の健康エキス »

2010年3月11日 (木)

藤原大士の一日一言 
399話 鶴ヶ岡八幡の大イチョウ

鎌倉の鶴ヶ岡八幡宮の大イチョウが、強風で倒れた。

鎌倉幕府三代将軍の源実朝が、このイチョウの陰に隠れていた甥の公暁に暗殺された歴史的な舞台ともなったところだ。

鎌倉幕府は、1192年に開かれた。

「いい国(1192)作ろう、鎌倉幕府」と年号を覚えた方も多いはず。

1000年近くの樹齢を持ち、人よりも遙かに長く歴史を見守ってきたが、一つの役目を閉じた。

しかし「いい国、作ろう」の心意気は、今こそ必要なのではなかろうか。

|

« 藤原大士の一日一言 
398話 そのまま景気は持ち直すのか
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
400話 日本人の健康エキス »

時事問題」カテゴリの記事

神道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/47777716

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言 
399話 鶴ヶ岡八幡の大イチョウ
:

« 藤原大士の一日一言 
398話 そのまま景気は持ち直すのか
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
400話 日本人の健康エキス »