« 藤原大士の一日一言 
407話 敵がいない人は、ダメ?
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
409話 嵐の中の羅針盤 »

2010年3月20日 (土)

藤原大士の一日一言 
408話 見えずともある

富士山は、美しい山だが、富士五湖などすぐ近くに行っても、雲に隠れてその姿が見えないときがある。

しかし「見えないから、ない」のではなく、雲に隠れても、本体はある。

神仏や、物事の真理・真実もそうではないだろうか。

ある日、自分の心の曇りが取れたとき、一瞬にして、眼前にその姿、大きな真実が

現れるのではなかろうか。

|

« 藤原大士の一日一言 
407話 敵がいない人は、ダメ?
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
409話 嵐の中の羅針盤 »

人生」カテゴリの記事

神道」カテゴリの記事

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/47856213

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言 
408話 見えずともある
:

« 藤原大士の一日一言 
407話 敵がいない人は、ダメ?
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
409話 嵐の中の羅針盤 »