« 藤原大士の一日一言 
409話 嵐の中の羅針盤
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
411話 春告げ鳥 »

2010年3月22日 (月)

藤原大士の一日一言 
410話 祭日、「その日は、何の日?」

祭日の取り方が変わり、三連休が増えた。

元々祭日は、単なる休暇ではなく、それぞれに意味のあるものだが、なぜその日が、休みなのかが、わかりにくくなったのではないだろうか。

春、秋のお彼岸、お中日が祭日なのは、お墓参りなどをして、ご先祖様を偲ぶためであった。

子供の頃から、こうしたときに、お墓の掃除をしたり、お花を供えたりして育った子が、人を平気でいじめたり、殺したりする人になるだろうか。

    お彼岸は、一週間あり、24日までだ。

今回のお彼岸は、かなり強風などで天候が荒れた。

もしお墓参りがまだの方は、今日にでも出かけられては・・

|

« 藤原大士の一日一言 
409話 嵐の中の羅針盤
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
411話 春告げ鳥 »

年中行事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/47873992

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言 
410話 祭日、「その日は、何の日?」
:

« 藤原大士の一日一言 
409話 嵐の中の羅針盤
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
411話 春告げ鳥 »