« 藤原大士の一日一言 
410話 祭日、「その日は、何の日?」
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
412話 交渉の成否を分ける声 »

2010年3月23日 (火)

藤原大士の一日一言 
411話 春告げ鳥

梅に鶯、「ホーホケキョ」の鳴声を聞くと、「春が来たなぁ」と感じる。

春告げ鳥ともいうが、厳しい寒さを乗り越えて、最初に春を感じさせてくれる鳥の声だ。

どんなに寒く厳しい冬でも、かならず春は訪れる。

それは季節の変化だけでなく、経営や人生の全てに、当てはまるのではなかろうか。

心和ませ、新しい季節を告げる自然の声に耳を傾けて、次の新たな力を呼び起こそう。

    とはいうものの、本当はもう桜の開花予想を待つ季節だ。

梅の里、小田原蘇我梅林の近くに住まいながら、鶯の声を聞き損ねたかもしれない。

  どんなに多忙でも、心のゆとりを失ってはならないと大いに反省・・だ。

|

« 藤原大士の一日一言 
410話 祭日、「その日は、何の日?」
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
412話 交渉の成否を分ける声 »

人生」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/47881597

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言 
411話 春告げ鳥
:

« 藤原大士の一日一言 
410話 祭日、「その日は、何の日?」
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
412話 交渉の成否を分ける声 »