« 藤原大士の一日一言 
472話 朝日浴のススメ
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
474話 温室育ちからの脱却 »

2010年5月23日 (日)

藤原大士の一日一言 
473話 七・三の原則

弦楽器なども、強く張ったままで、

緩めることがないと、良い音色が出ないと言われる。

人も緊張だけでは、身体も心もガチガチになって

良い仕事、良い人生となりにくい。

緊張が、七 緩めるもの、三くらいの

比率にしてみてはいかがだろうか。

◆ 緩めるものは、趣味などなんでもよいが

本業と比率が入れ替わるような

打ち込み方をするのは、本末転倒になる。

|

« 藤原大士の一日一言 
472話 朝日浴のススメ
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
474話 温室育ちからの脱却 »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/48432536

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言 
473話 七・三の原則
:

« 藤原大士の一日一言 
472話 朝日浴のススメ
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
474話 温室育ちからの脱却 »