« 藤原大士の一日一言 
473話 七・三の原則
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
475話 徹底してやり抜く »

2010年5月24日 (月)

藤原大士の一日一言 
474話 温室育ちからの脱却

外は、大嵐が吹き荒れていても、

温室の中は、ぬくぬくと暖かい。

世の中の厳しさも、冷たさも知らぬまま

二代目、三代目と言われる人は、

経営者の座に就いてはいないだろうか。

そんな人を温室の外に出すと、

はじめは涙が出るほど冷たく、

そして厳しく感ずることと思う。

しかしそれに耐えて、根を張ることによって

強い大木に育つ事も出来るのではなかろうか。

|

« 藤原大士の一日一言 
473話 七・三の原則
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
475話 徹底してやり抜く »

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/48443662

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言 
474話 温室育ちからの脱却
:

« 藤原大士の一日一言 
473話 七・三の原則
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
475話 徹底してやり抜く »