« 藤原大士の一日一言 
488話 120%で応える
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
490話 騙すものは、騙される »

2010年6月 8日 (火)

藤原大士の一日一言 
489話 いろいろな角度から見る

人はどうしても、

自分の側(自社)からしか物事を見ない。

しかしそれを相手(取引先)の立場に

立って見たらどうか、

第三者(社会全体など)から見たときどうか、

常にその三点から見る習慣をつけると、

今まで見えない物が見えてくる。

|

« 藤原大士の一日一言 
488話 120%で応える
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
490話 騙すものは、騙される »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/48581153

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言 
489話 いろいろな角度から見る
:

« 藤原大士の一日一言 
488話 120%で応える
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
490話 騙すものは、騙される »