« 藤原大士の一日一言 
498話 言葉がけの威力
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
500話 魂を込める »

2010年6月18日 (金)

藤原大士の一日一言 
499話 機械にも、思いを

昨日の498話で、機械に言葉がけをして、

何故ノイローゼが治ったのかのお問い合わせを頂いた。

機械や物を、単なる物として扱うのと、

自分と共に、業務を遂行するパートナーとして

接するのとでは、結果が同じはずがない。

人と人も、血が通うように、

機械にも始めるときの言葉がけ、終わったときの感謝

返事がないようでも、必ず機械は応えてくれるはず。

人だけでなく、全てのものには魂が宿っている。

    こうしたことは、行なったが勝ち

理屈で納得してからでは、永遠に不可能。

自分の仕事を大事にすれば、機械も大事に出来るのでは。

|

« 藤原大士の一日一言 
498話 言葉がけの威力
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
500話 魂を込める »

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/48658987

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言 
499話 機械にも、思いを
:

« 藤原大士の一日一言 
498話 言葉がけの威力
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
500話 魂を込める »