« 藤原大士の一日一言 
500話 魂を込める
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
502話 今日は、夏至 »

2010年6月20日 (日)

藤原大士の一日一言 
501話 足は、第二の心臓

足が、だるい、手足がしびれるなどは、

血液を始め、いろいろな巡りが

悪くなっている証拠だ。

足は、第二の心臓ともいわれる。

青竹踏みなど行なって、全身の血行を促そう。

    昨日は、大志塾オープンセミナーの日。

「経営の神様と金儲けの神様」は、違う。

世にいう経営の神様とは、

誰を指すと思いますか?

という問いかけから入った。

皆さんは、誰を候補に挙げますか?

|

« 藤原大士の一日一言 
500話 魂を込める
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
502話 今日は、夏至 »

健康」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/48673883

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言 
501話 足は、第二の心臓
:

« 藤原大士の一日一言 
500話 魂を込める
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
502話 今日は、夏至 »