« 藤原大士の一日一言 
531話 知識を、磨くには
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
533話 猛暑を乗り越えて »

2010年7月21日 (水)

藤原大士の一日一言 
532話 福の神を招くには

人と、人との縁を生かし、深めるには、

相手から、何かを引き出そうではなく、

相手のために、まず自分の方から何が出来るか

を考え、行動することではなかろうか。

どんな人でも、

自分の為になる事をしてくれる人を

邪険に思う人はいない。

相手に喜ばれてこそ、

自分にも大きな福の神が訪れる。

「得よう」という前に、まず「与え」

「お役に立たせて頂こう」

をまず先に出していこう。

これが本当の繁栄の法則、

天の法理のはずだ。

|

« 藤原大士の一日一言 
531話 知識を、磨くには
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
533話 猛暑を乗り越えて »

人生」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/48930145

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言 
532話 福の神を招くには
:

« 藤原大士の一日一言 
531話 知識を、磨くには
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
533話 猛暑を乗り越えて »