« 藤原大士の一日一言 
541話 話を聞くときの目的は?
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
543話 夢の実現 »

2010年7月31日 (土)

藤原大士の一日一言 
542話 内蔵に、当たるな

胃腸は、身体の中に

栄養を取り入れる大事な器官だ。

にもかかわらず、毎日のストレス・・

不満、いら立ちの、

はけ口にしてはいないだろうか。

 

やけ酒、やけ食いは、

一時的には、慰められるかもしれないが、

その後始末をさせられる内臓は災難だ。

内蔵は、食物が、

血となり、肉となる・・

その入り口であると同時に、

健康を支える大事な器官である。

健康と引き換えのもう一杯、

それを決して忘れないようにして、

くれぐれもやけ酒のツケなど

回さないようにしよう。

    わかってはいるが・・

と無理をしたときには、

せめて週末に休肝日を。

|

« 藤原大士の一日一言 
541話 話を聞くときの目的は?
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
543話 夢の実現 »

健康」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/49016328

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言 
542話 内蔵に、当たるな
:

« 藤原大士の一日一言 
541話 話を聞くときの目的は?
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
543話 夢の実現 »