« 藤原大士の一日一言 
564話 夏バテ対策
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
566話 仕事の三段階 »

2010年8月23日 (月)

藤原大士の一日一言 
565話 意図通りに行なわせる工夫

自分がすれば、もっとずっと旨く出来るのに・・

と思うことはないだろうか。

人に依頼したことで、自分が思ったとおりに

ぴったり行なってもらえることは、少ない。

途中までは、意図通りであっても、

どこかずれたり、気に入らないところが出る。

そんなときには、ただ相手を責めるのではなく、

相手のくせや特徴を見て、伝え方の工夫をしながら、

自分の要望との差を無くしていく。

これも「社員は、自分の身体の一部」ということの

訓練になりはしないだろうか。

|

« 藤原大士の一日一言 
564話 夏バテ対策
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
566話 仕事の三段階 »

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/49225368

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言 
565話 意図通りに行なわせる工夫
:

« 藤原大士の一日一言 
564話 夏バテ対策
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
566話 仕事の三段階 »