« 藤原大士の一日一言 
587話 順調な時こそ、嵐に備える
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
589話 経営は、大丈夫か? »

2010年9月15日 (水)

藤原大士の一日一言 
588話 守るもの、捨てるもの 

会社が危機的な状態に陥ったとき、

何を守り、何を捨てるべきか。

何の準備も覚悟も持たずに過していると、

ただ人を解雇するという方法しか思いつかない。

経営者は、未来への夢を持つと同時に、

最悪の事態も想定し、

守るものと捨てるものとを

決めておかなければならない。

|

« 藤原大士の一日一言 
587話 順調な時こそ、嵐に備える
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
589話 経営は、大丈夫か? »

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/49442614

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言 
588話 守るもの、捨てるもの 
:

« 藤原大士の一日一言 
587話 順調な時こそ、嵐に備える
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
589話 経営は、大丈夫か? »