« 藤原大士の一日一言 
592話 時には、熟読を
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
594話 銀行との関係は? »

2010年9月20日 (月)

藤原大士の一日一言 
593話 敬老の日は、一日だけ?

祝日は、本来は旗日とも言われ、

意味のある特別の日だ。

ところが連休=娯楽を優先して、

本来の日にちから異なってしまった。

今日は、一応敬老の日だが、

年配の方を敬う思いと行動に出ている人は、

どのくらいいるのだろうか。

大家族で暮らしているころは、

おじいちゃん、おばあちゃんの好きなものを

食卓に並べ、長生きが出来ていることを

家族で祝ったのではないだろうか。

そして「生かさせて頂いている」ことを

家族で、神様に感謝する日でもあったはずだ。

本当は、今日一日だけでなく、

一年の全てが「敬老」と言いたいが、

まずは今日一日からだけでも、

なにか実行してはいかがだろうか。

 

    電話一つでもいい。

戸籍上、百何歳になっているが、

何年も音信普通で生死も定かでない

親や身内がいる・・などと言うことのないように・・

|

« 藤原大士の一日一言 
592話 時には、熟読を
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
594話 銀行との関係は? »

年中行事」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/49501494

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言 
593話 敬老の日は、一日だけ?
:

« 藤原大士の一日一言 
592話 時には、熟読を
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
594話 銀行との関係は? »