« 藤原大士の一日一言 
595話 対策と切り替え
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
597話 背後にある真意 »

2010年9月23日 (木)

藤原大士の一日一言 
596話 秋分の日

暑さ寒さも、彼岸までと言われるが、

昨日は、最も遅い時期の真夏日だった。

たった一日で、水戸では14度も下がったという。

猛暑のため、お彼岸にお供えの菊が

咲かないとも聞いた。

今日は、秋分の日であると共に、

お彼岸のお中日でもある。

ご先祖様のために、花を供え、

お墓参りに詣でて、

家族の繋がり、先祖との繋がりを

呼び戻そう。

わたしのところでは、

秋季皇霊祭を執り行う。

日本人だもの。

|

« 藤原大士の一日一言 
595話 対策と切り替え
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
597話 背後にある真意 »

年中行事」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/49533942

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言 
596話 秋分の日
:

« 藤原大士の一日一言 
595話 対策と切り替え
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
597話 背後にある真意 »