« 藤原大士の一日一言 
674話「忙しい」は、禁句
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
676話 自然は偉大な活力源 »

2010年12月11日 (土)

藤原大士の一日一言 
675話 目は、心の窓

鏡で自分の目を見たとき、

どんな目が写るだろうか。

血走った目、とげとげしい目などは、

ゆとりなく、人を責めている目。

うつろな目、暗い目などは、

「人」も、「運」も遠ざかりそうな目。

「目は、心の窓」だけでなく、

「運勢の窓」でもある。

明るい目、はつらつとした目に、

即切り替えて、

一年の締めくくりへの追い込みをかけよう。

|

« 藤原大士の一日一言 
674話「忙しい」は、禁句
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
676話 自然は偉大な活力源 »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/50267484

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言 
675話 目は、心の窓
:

« 藤原大士の一日一言 
674話「忙しい」は、禁句
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
676話 自然は偉大な活力源 »