« 藤原大士の一日一言 
687話 鍛えを乗り越えよう
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
689話 健康は、末端からも »

2010年12月24日 (金)

藤原大士の一日一言 
688話 具体的か、抽象的か

具体的な願いは、実現しやすいが、

抽象的な願いは、実現しにくい。

具体的なことは、即行動に移しやすいし、

周囲の協力も得やすい。

しかし「会社を繁栄させたい」

「会社を大きくしたい」

「幸せになりたい」という願いは、抽象的だ。

自分でも、焦点が絞りにくく、

希望する「繁栄への行動」に繋がりにくい。

自分をもっと燃やし

周囲の協力を得るためにも、

どう会社を繁栄させたいのか、

何をもって社会に貢献したいのか、

それをもっと明確にしてみよう。

|

« 藤原大士の一日一言 
687話 鍛えを乗り越えよう
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
689話 健康は、末端からも »

人生」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190058/50383016

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原大士の一日一言 
688話 具体的か、抽象的か
:

« 藤原大士の一日一言 
687話 鍛えを乗り越えよう
| トップページ | 藤原大士の一日一言 
689話 健康は、末端からも »